よくある質問 - 造花通販 仏花 墓花 榊【造花専門Hanacoはなこ】

​​

HOME > よくある質問 > Q.4

造花とは? - 今どきの造花編 - Q.4

「造花」は、誰でも一度はご覧いただいたことはあるかと思います。

街中のショップのディスプレイに使われていたり、
ホームセンターや100円ショップなどでも販売されていますよね。

誰でも簡単にお花を飾ることができ、
手軽に季節を楽しむことができる造花は、

どこでも見かけるほど、たくさんの人に愛されています。

【造花専門店Hanaco(はなこ)】では、そんな造花を使用し、
お仏壇にお供えする仏花や、お墓参り用の墓花や、
お神棚用のサカキなどをご提供していますが、
お品に使用する造花は、国内に多数ある造花メーカーから選んでいます。

メーカーによっては、造花を「シルクフラワー」や、
「アーティフィシャルフラワー」とも呼んでいます。

ひと昔前の造花といえば、いかにも…、ってかんじの造花が多かったのですが、

今どきの造花は違います。
「あれ? 造花? 生花? どっち?」と思うほど、キレイなんです。

例えば、このリンドウ。どちらが造花で、どちらが生花と思います?

リンドウの造花と生花

答えは、お花がたくさん咲いている左が造花で、右が生花、です。

このように、上質な造花は、生花と見分けがつかないほど、
精巧で美しく仕上がっています。

造花は、一つのメーカーから、大変たくさん発売されていますので、
いくつものメーカーを合わせ、さらに色分けするとなると、
「無数にあるかも…」と思えるほど、ものすごい数があります。

メーカーごとの特色もありますし、価格も造花によってバラバラです。

【造花専門店Hanaco(はなこ)】では、約10年にわたり、
数々の造花を仕入れ、手にし、見てきましたが、

造花の質は、ほとんどの場合、価格に比例しています。
つまり、1本、ん千円もするような高級な造花はより精巧に、
100円近い造花はそれなりにといったところでしょうか。

では、下の写真の菊(マム)の造花は、どちらが高価な菊(マム)と思いますか?

菊(マム)の造花

答えは、左が高価な造花の菊(マム)です。
花びらの質や量が違ったり、花弁があったりなかったりと、
こうして並べてみると、よくわかります。

ただ、一概には言えませんので、生花と同じ、造花にも「目利き」が必要で、
造花の質と、価格のバランスをしっかりと見極められるようになるには、

やはり、何百という種類の、何千という造花を、
実際に目で見て、手で触り、使ってみる、ということが必要です。

目利きを必要とせず、高級な造花だけで、
ササッと束ねるといいのかもしれませんが、
それだと、ビックリする価格になってしまいますので、

【造花専門店Hanaco(はなこ)】では、
屋内使用の仏花や、屋外使用の墓花など、
お供えいただく状況や、ご交換頻度などを考慮しながら、

いろいろな価格帯の造花を組み合わせながら、
仏花や墓花をご提案・ご提供しています。

まだまだ造花というと、ひと昔前の造花しかご存じない方や、
「本物のお花じゃない」と、批判的に言われることも多いんですが、

当店といたしましては、そもそも、「造花=生花」ではなく、

「造花は造花」「生花は生花」と、考えており、
どちらにしても、長所と短所はあると捉えています。

実際にスタッフはお花好きが多く、庭には鉢花を、
家の中には生花を飾って楽しんでいる人がほとんどです。

造花通販の【造花専門店Hanaco(はなこ)】としましては、
造花の良い点を、一人でも多くの人に知っていただき、

「造花にしてよかったね」と言っていただけるような、
暮らしのお役に立てるような造花をご提案し続けたいと考えています。

当店の造花だけでなく、ぜひ、街中で造花を見かけたら、
少し近寄って見て、今どきの造花に、触れてみて下さい。
生花と思っていたお花が実は造花…とういことがあるかもしれません。


造花通販 - 仏花 墓花 サカキ シキミ 【造花専門店Hanaco(はなこ)】

PageTop

商品カテゴリー


私が店長です

私が店長です

当サイトにお越しいただきありがとうございます。私が店長の伊藤です。
当店おすすめは寺院様ご本堂向きの大きな造花仏花です。ワンランク上の仏事・神事の造花をお届けできるよう心がけています。
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。


メニュー

Valid XHTML 1.0 Strict
Valid CSS!




インフォメーション
商品カテゴリー 墓花 - 大型 墓花 - 中型