よくある質問 - 造花通販 仏花 墓花 榊【造花専門Hanacoはなこ】

​​

HOME > よくある質問 > Q.5

造花とは? - 花と葉-編 - Q.5

造花の花と葉の素材は、メーカーのカタログによると、
ほとんどがポリエステルです。

ポリエステルというと、洋服のタグでおなじみの素材です。
造花の花びらのほとんどが、このポリエステル、布なんです。

また、PE(ポリエチレン)と表示されている造花もあり、
こちらは葉によく見受けられる表示です。

ただ、同じ素材名といっても、洋服は色落ちや耐水性を考慮され、
洋服としての基準を満たした素材として使用されているでしょうから、
造花の素材とは違います。

造花は造花用のポリエステルが使用されているので、
色落ちが見受けられることがたびたびありますし、
花びらのほつれなどもあります。

PEはプラスチックの型で抜いたような感じで触ったかんじは、
ツルッとしているので、花びらのようなほつれはありませんが、
リアルには欠けるように思います。

花びらのポリエステルに比べると、耐水性がありそうですが、
メーカーは耐水性があるとは表記していません。

花も葉もお仏壇などが日の当たる場所であれば、
お供えいただく仏花は色あせをしてくることもありますし、
屋外のお墓でお供えいただく墓花にも起こりえます。

ただ、洋服と違うのは、造花の花びらも葉も
とても色が繊細で、形が細かいことです。

造花によりますし、花にもよりますが、色は単色でなく、
少し白や、同色の濃い色を加えたような
グラデーションになっていたり、

小さな花や葉ほど、1枚がほんとに小さく、
その繊細さには目を見張るほどです。

また葉には、種類によっては、起毛の様子を再現した、
小さな白い毛のようなポリエステルが貼付されているなど、

とても繊細な1枚ずつの花びらと、1枚ずつの葉を手作業で
茎に接着して、1つの造花として成り立っています。

すべてが機械的に作られているわけではないので、
同じ造花でも、ちょっと違うなということもありますが、
それも手作業ならではのことです。

造花が多くの人に愛されているのも、こういう細かな手作業から
伝わる何かがあるからなのかもしれません。

最近では、より生花の触感に近づくようにと、花びらの表面に、
樹脂やオイルコーティングされている造花もあります。

こちらは触ると、しっとり、としていて、
「えっ? 生花?」と、ほんとに思ってしまうこともあります。

ただ、造花によっては、コーティング部分に
ほこりとか付着しやすい場合がありますので、

【造花専門店Hanaco(はなこ)】の仏花や墓花では使用するのは、
なるべく控えるようにしています。

もし、近くに造花屋さんがあって、お花を触ってもいい場合は、
ぜひ一度、リアル生花に近い、樹脂コーティングの花びらを
触って、体験してみて下さい。ちょっとびっくりしますよ。


造花通販 - 仏花 墓花 サカキ シキミ 【造花専門店Hanaco(はなこ)】

PageTop

商品カテゴリー


私が店長です

私が店長です

当サイトにお越しいただきありがとうございます。私が店長の伊藤です。
当店おすすめは寺院様ご本堂向きの大きな造花仏花です。ワンランク上の仏事・神事の造花をお届けできるよう心がけています。
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。


メニュー

Valid XHTML 1.0 Strict
Valid CSS!




インフォメーション
商品カテゴリー 墓花 - 大型 墓花 - 中型