よくある質問 - 造花通販 仏花 墓花 榊【造花専門Hanacoはなこ】

​​

HOME > よくある質問 > Q.7

仏花って、何て読むの? - Q.7


「仏花」って、いう漢字を見て、どう読みますか?

スマホの音声検索で「ぞうか ぶっか」と言ってみると、「造花 物価」って出てくんです。

続いて、「ほとけばな」 と言ってみると、「仏花」 が、出てきました。

さらに、「ぶつばな」 と言ってみると、「物花」 が、が出てきました。


長年、生花店で「仏花」に携わってきた者としては、「ぶっか」と読むのが、当然だと思っていました。

あまり「仏花」とは、縁のない方に聞きいてみても、「ブッカ」だと言っていましたが、メーカーのカタログでは、「ブツバナ」となっています。

どれが正解かは、難しいところなんですが、多くの方が、「ブッカ」と読むと思います。


ちなみにパソコンで「ぶっか」と入力しても、「仏花」とは出てきません。

仕事上、使用する頻度が高い語句なので、ユーザー辞書登録をしていますが、普通ならしない言葉なので、まず出てこないです。

「ほとけ」 「はな」 と別々に入力して、ようやく「仏花」となります。


仏花はお仏壇にお供えするするお花ですし、今では、お花屋さんだけでなく、スーパーやホームセンターでも販売されているので、お供えしない方でも、目にしたことのあるお花だと思います。

おそらく、「花束」に次ぐほど、メジャーなお花だと思います。

それでも、呼び名も統一されていませんし、パソコンの辞書登録もされていないという、めずらしいというか、かわいそうというか、「仏花」とは、そういう語句の一つじゃないかなと思います。

ちなみに、お花屋さんでは、仏花が1つなら、1つというと思いますが、2つとなると、「一対」、「いっつい」と呼びます。

これもちょっと、珍しいですよね?


例えば、仏花の価格を、「1対1500円」と、書いておくとしますよね?

そうしたら、お客様から、「これは1つの値段なの?」って、聞かれることがあるんです。

「左右対称の2束で1対というので、2つです」と、説明が必要になってくることが多かったので、いつから、「2束1500円」と書くようになりました。


仏花は形や、使用するお花など、地域や宗派によって変わってきますので、知ればしるほど奥深さを実感するものですが、呼び方から奥が深いですね。

仏花1対

↑「仏花(ぶっか)」2束で、「一対(いっつい)」と言います。


造花通販 - 仏花 墓花 サカキ シキミ 【造花専門店Hanaco(はなこ)】

PageTop

商品カテゴリー


私が店長です

私が店長です

当サイトにお越しいただきありがとうございます。私が店長の伊藤です。
当店おすすめは寺院様ご本堂向きの大きな造花仏花です。ワンランク上の仏事・神事の造花をお届けできるよう心がけています。
ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。


メニュー

Valid XHTML 1.0 Strict
Valid CSS!




インフォメーション
商品カテゴリー 墓花 - 大型 墓花 - 中型